bridal4C

4Cについて

4CとはCarat・Color・Clarity・Cutの4つのCの意味で、ダイヤモンドの品質を評価する基準です。
図の中央から評価が低く、円周に近づく程評価が高くなります。

スライド1.jpg

カラット

カラット (carat, 記号:ct, car)は、ダイヤモンドなどの宝石の質量を表す単位である。現在は、1カラット=200ミリグラム(=0.2グラム)と規定されている。

カラー

D, E, F, G, H, I, J, K, L, - - - Zの順になります。

D (exceptional white +)
E (exceptional white)
F (rare white +),
G (rare white)
H (white)
無色に近いもので、上記のような呼ばれ方をしています。

I, J (slightly tinted white)
K, L (tinted white)
M 〜 Z (tinted colour) と呼ばれます。

クラリティー

クラリティーのグレードは、評価の高い順から、FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I3、I2、I1 となっていきます。

鑑定では、Iグレードのものは肉眼でもわかる内包物が確認出来ます。

それ以降は10倍のルーペで調べて、その内包物や傷の大きさや量、場所などを考慮して決められます。このクラリティーのグレードもカラーと同じで万国共通です。

カット

カット評価の対象となるのは、ラウンドブリリアントカットで、カラーが<D~Z>、クラリティが<FL~I3>のダイヤモンドと決まっています。